星空ロケット

I'm always here , they're always there.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とらドラ!

自分が気に入った小説、いいと思った小説について、書評というほど大したことは書けないけど、書いてみようと思います!

純文学も大衆文学もライトノベルも関係なく、行きたいと思います。

所謂ネタバレがあるかもです。サーセン。

最初の一冊は「とらドラ!」。


とらドラ!1とらドラ!1
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る



【タイトル】とらドラ!
【レーベル】電撃文庫
【著者編者】竹宮ゆゆこ
【ジャンル】ライトノベル
【巻  数】10巻+スピンオフ2巻



(以下、あくまで個人的観点)
【総合評価】★★★★★
【感  動】★★★★☆
【笑  い】★★★★☆
【恋  愛】★★★★★
【シリアス】★★★☆☆
【事  件】☆☆☆☆☆
【意 外 性】★☆☆☆☆




【あらすじ】(自分で書くと主観が入しネタバレしそうなのでWikiから)
その目つきの鋭さ故、不良に見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。
一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須は不良」と言う誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で「手乗りタイガー」こと逢坂大河との邂逅により、意外に早くその誤解は解かれることとなる。
ある放課後、大河は想い人の祐作にラブレターを出そうとするが、それを間違って竜児のカバンに入れてしまう。
ラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、竜児を闇討ちすべく高須家に忍び込む。
その夜のやりとりがきっかけで、大河と竜児は「お互いの恋を応援する共同戦線」を張ることになり、大河はなし崩しに高須家に入り浸るようになっていく。



【主な登場人物】(Wiki要約)
高須 竜児(たかす りゅうじ)
主人公。目つきが悪いため、ヤンキーと誤解されるが、実際は温厚で面倒見が良い。真面目で几帳面、成績優秀・品行方正を地で行く優等生。
母子家庭で、母・泰子とアパート2階の一室で暮らしている。家事は万能、極端なきれい好きの潔癖症。
実乃梨に好意を抱いている。
大河の恋愛事情を知り、互いの恋愛成就に向けて協力し合うという名目で、大河の生活やドジの後始末など一切の面倒を見るようになる。

逢坂 大河(あいさか たいが)
ヒロイン。小柄な体格とふんわりとした長い髪で「人形のよう」とも評され、一時は多くの男子生徒から告白されるほどのルックスだが、実際は大変に凶暴な性格で恐れられている。その性格と一風変わった名前、小柄な体格から「手乗りタイガー」のあだ名を持つが、本人は変わった名前と体格に劣等感を抱いている。本来の性格は泣き虫で、かなりのドジっ娘。またその性格や境遇もあいまって悲観的になる事が多く、反面他人への思いやりも人一倍強い。
親はかなりの資産家ではあるが、家族との折り合いが悪く、ある発言をきっかけに現在は高須家の隣にある高級マンションの2階の一室をあてがわれ一人暮らしをしている。だが生活能力はほとんどなく、親から振り込まれるお金を駆使して生活していた。竜児と知り合ってからは高須家で過ごす時間が多くなる。
その性格から友人は少ないが、実乃梨とは一年生の頃から非常に仲が良い。竜児と親交の深い北村祐作に好意を持っているが、本人を前にすると極度に緊張し、言動・挙動がおかしくなるうえドジが災いして上手くいかない。自分のドジをきっかけとして竜児の恋愛事情を知り、お互いの恋愛成就のために協力し合う事になる。

櫛枝 実乃梨(くしえだ みのり)
愛称は「みのりん」。女子ソフトボール部キャプテン。運動神経がいい。笑顔が眩しい明朗快活な少女だが、超がつくほどのマイペースな性格。しばしば口調が急に変わり、会話の端々にさまざまなネタを混ぜ込む癖がある。常にダイエットを心がけており、自称「ダイエット戦士」。
多くのアルバイトを掛け持ちしており、日常のほとんどを部活とアルバイトに費やしている。幼い頃は野球をしており、進学後もソフトボールを続ける事を望んでいる。
大河とは親友。また祐作とは部活関係から仲がいいが、想いを寄せられている竜児とは二年生になるまでほとんど話した事もなかった。

北村 祐作(きたむら ゆうさく)
クラス委員長で生徒会副会長で、男子ソフトボール部部長。眼鏡を掛けた容姿にきわめて真面目な生活態度、清々しいながらもちょっとズレた言動などが『ちびまる子ちゃん』の丸尾君にそっくりなことからクラスの女子から「まるお」とあだ名されて親しまれている。運動神経は高く、性格はやや楽観的。
竜児とは一年生の頃からの親友で、進級当初はその外見から恐れられている竜児の数少ない理解者だった。大河に告白したこともあるが玉砕。その後は狩野すみれに強い憧れを抱いて生徒会に入った。
物語序盤にて大河から告白を受けるものの変にはぐらかしてしまうため、ある意味一番話をややこしくした人物とも言える。

川嶋 亜美(かわしま あみ)
途中から転校してきた美少女。モデルをしており、母親は女優の川嶋安奈と、一般的にも知名度がある。誰にでも優しく驕らない性格を装っているが、実際には自分の全てを鼻に掛ける高慢さと強烈な毒舌の持ち主。大多数の男子生徒から好意を持たれている。実家は資産家で、別荘を所持している。
転校してくる以前から仲の良い友人に恵まれなかったが、大橋高校では麻耶や奈々子と交友を深め、クラスでも一緒に居る事が多くなった。クラスにもよく溶け込み、リーダーシップを発揮する事もある。現在は伯父夫婦の家に下宿している。
祐作とは幼馴染み。大河とは犬猿の仲(物語が進むにつれ、徐々に軟化していく)。
物語においては竜児、大河、実乃梨、祐作の複雑な関係にちょっかいを出しつつも面白可笑しく傍観、もしくは干渉するという立場にある。




【I THINK】
青い。まず、言いたいのはこれ。
作者自身が「「高校生」というまだ「成りきらない」部分をちゃんと残そうと思っています。」と述べているだけあって、青春ストーリーに仕上がっている。僕はこういう「青い」作品が好きだからドツボだった。
2008年の秋?2009年冬まで全25話でアニメ化された。原作に比べて若干のアレンジはあったものの、本筋は同じ。
青春+恋愛というラブコメ的作品だけあって所謂「オタク層」でなくとも十分に受け入れられるはず。
僕自身も去年の大学授業の後期はこのアニメにはまって若干単位に影響がでたけど、それでも良い作品だった。
前半に比べて後半はシリアスめ。そして感動多し。




【追記】
MY BEST 文章



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Things to worry about

「Things to worry about(気にかけておくべきこと)」は「グレート・ギャッツビー」で有名なフィッツジェラルド(1896-1940)が娘に送った手紙の中の一節です。
人生において悩むべきこと、気にしなくていい事を書いています。
最後に一番大事なことを持ってきています。






【原文】

Things to worry about/Scott Fitzgerald


Things to worry about:
Worry about courage
Worry about cleanliness
Worry about efficiency
Worry about horsemanship...

Thing not to worry about:
Don't worry about popular opinion
Don't worry about dolls
Don't worry about the past
Don't worry about the future
Don't worry about growing up
Don't worry about anybody getting ahead of you
Don't worry about triumph
Don't worry about failure unless it comes through your own fault
Don't worry about mosquitoes
Don't worry about flies
Don't worry about insects in general
Don't worry about parents
Don't worry about boys
Don't worry about disappointments
Don't worry about pleasures
Don't worry about satisfaction

Things to worry about:
What am I really aiming at?




【和訳】

気にかけておくべきこと/スコット・フィッツジェラルド


いつも気にかけておくべきこと:
勇気
清潔
効率
馬術

気にかけないでいい事:
大勢を占める意見
人形たち
過去
未来
(成長して)大人になること
君の前を行くすべての人
大きな成功
君のせいではない失敗


昆虫の類
両親
男の子
つまらない人や物事
快楽的なこと
ただの満足

(最後にもうひとつ)気にかけておくべきこと:
今、自分が何をしようとしているか、ということ


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

文学。「サヨナラ」ダケガ人生ダ。

勧酒/井伏鱒二


コノサカズキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトヘモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ




“「サヨナラ」ダケガ人生ダ”とはなんとなく哀しいですね。

「勧酒」は井伏鱒二の「厄除け詩集」(1937)に載せられている訳詩です。

元は唐代の詩人である于武陵の「勸酒」。




【本文】
勸君金屈卮,滿酌不須辭。

花發多風雨,人生足別離。



【書き下し】
君に金屈卮(きんくつし)を勸(すす)む,

滿酌、辭するを須(もち)ゐず。

花發(ひら)けば、風雨多く,

人生きては、別離足(た)る。



【和訳】
取っ手の曲がった黄金の杯に、お酒をいっぱい注いであなたに勧めよう。

その酒を、どうか遠慮しないでほしい。

花が咲いたなら、その花に風や雨が多く降りかかる。

(それと同じように)人が生きる間には、離別も多くあるのだ。




花が咲けば風や雨のようにそれを妨げるようなことが多く起きる。

人も生きていれば悲しい別れがたくさんある。

でも、そもそも出会わなければ「サヨナラ」も無い。

出会うからこそ別れがあって、別れがあればまた新しい出会いがある。



ふと考えると、長い付き合いの友達なんかだと、あいつとはどうやって逢ったんだっけかな?ということがありますよね。

でも、「引っ越した」とか、「大学や仕事で故郷から離れた」とか、「死んでしまった」とか、どうして離れることになったのかはいつまでも忘れないですよね。



友人を見送る宴。

酒を勧める于武陵。

彼も友人もきっと笑顔だったに違いない。



「サヨナラ」ダケガ人生ダ。



テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

世界の名演説/キング牧師 『 I have a dream. 』

普通の日記的なものは下の記事です。



良寛以外にも何か紹介しようと思い、名演説を載せることにしました。



英語の教科書なんかにも載っているキング牧師の「I have a dream」。

キング牧師(Martin Luther King, Jr.)はアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者です。



当時、リンカーンの「奴隷解放宣言」から100年以上たっても、人種差別禁止化の進んだ北部・西部に比べ、南部の黒人差別は酷いものでした。

彼は「非暴力主義」「人種差別の撤廃」「各人種の協和」を唱えて運動を展開。

有名な「I have a dream」の演説は1963年8月28日、20万人以上が参加したワシントン大行進の時にリンカーン記念堂の前で行われたものです。

1964年7月2日に公民権法が制定、1964年にはノーベル平和賞を受賞。

1968年テネシー州メンフィスで射殺。享年39。



続きを読む

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:その他

文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |

良寛

今回は普段と趣旨を変えて、詩やら文を残した人物の話でもしようかと思います。

つまらない話なので興味無い人は読まなくてOKです。

というか、一日学校や会社へ行って、のんびり見たブログで堅苦しい話じゃ死にますね(笑)

それでもおひとつどうぞ。



続きを読む

テーマ:どーでもいいこと - ジャンル:その他

文学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。